面接では必ず聞かれる転職理由

転職することを決める経緯は人それぞれ違いますが、理由に関しては同じようなものが多くなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

面接では必ず聞かれる転職理由

転職することを決める経緯は人それぞれ違いますが、理由に関しては同じようなものが多くなっています。他にやりたい仕事があるとか会社の将来性が心配、給料や残業などに不満があるなどは特に多い理由です。転職活動をしていても理由について聞かれることがありますが、特に面接の際には必ずと言っていいほど聞かれるスタンダードな質問です。

転職するということは何か実現したいことがあるからでしょう。その実現したいことは前の仕事では不可能だからこそ新しい仕事を探しているのではないでしょうか。会社や同僚への不満だろうと将来の夢や目標だろうと、どちらにしても転職することで解決したり実現したいと考えているはずです。そうでなければわざわざリスクのある転職はしなくてもいいはずです。

では面接で転職理由を聞かれたらどう答えるべきでしょうか。将来の夢や目標を叶えるためならそのまま答えればいいでしょう。もし不満があって辞めたのならそのまま伝えるのは避け、前向きな理由を見つけて答えるようにするといいでしょう。前の仕事で実現できなかったことを次の仕事で実現したいと伝えるとともに、なぜその会社を選んだかという志望動機をうまく関連付けることができると面接官もきっとなるほどと思ってくれるでしょう。


Copyright(c) 2016 面接では必ず聞かれる転職理由 All Rights Reserved.