面接では必ず聞かれる転職理由

面接の場は非常に緊張感が高まっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

面接の失敗は決して無駄にしない

面接の場は非常に緊張感が高まっています。中には気さくでやさしい面接官もいて、雰囲気を和らげようと冗談を言ってくれる人もいますが、大抵の場合淡々と質問しチェックしていくだけで、とてもいい雰囲気だとはいえないでしょう。そのような緊張感に押しつぶされて、うまく話ができないこともあります。最悪の場合不合格になってしまうこともあります。でも不合格になったからといって就職活動をあきらめるわけにはいきません。それを次につなげていくことができれば失敗も無駄にはならないでしょう。

もし面接で不合格通知をもらったら、それは事実として潔く受け止めなければなりません。何とか結果を翻そうと思っても不可能だからです。そんなことに力を注ぐのではなく、不合格になった原因を追求し対策を練っておくことのほうがずっと大切です。集団面接の場合、他の人の話も聞いていたはずです。きっとその中には説得力があるなとか答え方がうまいなと思うことがあったはずです。自分がどう答えたかを思い返すとともに、うまく答えた人のことも一緒に思い出して、何が違うのか比較してみるといいでしょう。自分では思いつかないような視点が見つかるなど、次に面接を受ける時の参考にすることができます。


Copyright(c) 2017 面接では必ず聞かれる転職理由 All Rights Reserved.