面接では必ず聞かれる転職理由

就職や転職の選考に必ず組み込まれるのが面接です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職や就職の面接について

就職や転職の選考に必ず組み込まれるのが面接です。面接を通して採用担当者は、その人の人となりや仕事に対するやる気や適性、入職してから皆と協調して上手くやっていけるかを見ています。面接での基本的なマナーをおさえて採用したいと思われる第一印象を目指しましょう。

面接に向かう際の服装および身だしなみですが、男女ともスーツで望むのが一般的です。アパレル業界など服装のセンスを見るために私服で来るよう明記しているもの以外はスーツで面接を受けましょう。スーツはヨレヨレだったり、シワのないスーツであるのは勿論ですが、足元も見られています。革靴は磨いておきましょう。女性の場合はストッキングが伝線した時のために予備を携帯しましょう。髪はくしを使ってとき、肩にフケはないか確認し、長い髪はきちんとまとめておきましょう。アクセサリーは結婚指輪以外は外し、ヒゲは剃っておきます。ネイルも落としておきましょう。女性の化粧はナチュラルな印象にしておきます。

次に面接のマナーですが、ノックをして面接会場に入ります。入ったら向き直してドアをしめます。ドアの前で一礼し、面接官の前に進み出て、椅子に腰掛ける前に、「○○○○(自分の名前)です。よろしくお願い致します。」と挨拶し、「どうぞ。」と言われてから「失礼します。」と挨拶して着席します。椅子の背もたれにはもたれずに、背筋を伸ばして座りましょう。質問にはハキハキと聞き取りやすいスピードで話しましょう。語尾を伸ばさないようにします。話す時は面接官の目をみて話します。目を見て話すのが苦手な人はネクタイの結び目を見ます。笑顔を忘れずに口角を上げて話しましょう。面接が終わったら、すくっと立ち上がり椅子の脇に立って「ありがとうございました。」と挨拶してお辞儀します。ドアの前で面接官に向かって一礼し「失礼します。」と挨拶して退室です。終わったからといって油断してドアを大きな音を立てて閉めないようにしましょう。


Copyright(c) 2017 面接では必ず聞かれる転職理由 All Rights Reserved.